お問い合わせボタン


吉岡彌生賞受賞者一覧表

下線
回数 受賞年度 社会に貢献
した会員
業務内容 医学に貢献
した会員
業務内容
49回

平28

生野 照子

昭和44年に大阪市立大学医学部を卒業後、小児科学および心身医学の臨床現場で広く研鑽を積み、この経験を生かし、平成元年からは神戸女学院大学人間科学部教授として青少年の心身問題、特に若い女性の摂食障害に取り組む。患者会および患者家族会を設立、長きにわたり摂食障害の現場に寄り添い、平成28年には一般社団法人日本摂食障害協会を設立するなど、多大な社会貢献とその功績が評され授賞が決定した。

 

 

48回

平27

黒﨑 伸子

昭和五十六年長崎大学医学部を卒業後長年亘り国内外の医療機関において外科・小児外科の臨床・研究・教育に多大な成果をあげ、平成二十二年長崎県西彼杵郡にて医院を開業、地域医療に貢献した。また、アジア・アフリカ・中東に於いて活躍の後、平成二十二年から五年間国境なき医師団医師団日本女医会の会長・国際総会日本代表として多大な貢献をした。

 

 

<< 前のページに戻る